日々是華日

hanajiji.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 16日

預かりとして 犬や猫を保護する

シェルターではなく 豪邸でもなく 普通の家で保護する

限られた環境の中 受け入れる数にも限界がある

e0265300_963829.jpg




保護依頼が集中し 選択を迫られることも度々

数が多すぎると 世話が行き届かない

感染症の事も考えて隔離もしなければいけない

だから 断ることもある

断ったら断ったで その後も気になる

「あの子はどうなったろう」

「やっぱり もうちょっと頑張れたんじゃないか」

e0265300_9154595.jpg




いろんな葛藤をしながら みんな頑張っている

「好きでやっている」 と言われれば それまでだけど

保護して 愛情かけて 寝ずに看病することもあって 

手塩に掛けた子たちを次々と手離すことが好きなわけじゃない

e0265300_9242162.jpg


 
保護を待っている子がいるから 送り出す

次の保護をするために送り出す

e0265300_92943.jpg



ちゃなと甘音が決まったので 2匹の受け入れを考えていた

多頭崩壊から一匹 

e0265300_9363783.jpg




もう一匹はセンターから

e0265300_9374320.jpg



引っ越しのため飼い主が持ち込んだ二匹

茶トラが5才 黒猫が2才 飼い主いわく 「二匹とも甘えん坊」

黒猫をnaoさんが引き受け 私は茶トラの受け入れを決めた




e0265300_9523864.jpg


 
この子たちを捨てた飼い主よ         あなたが捨てた二匹は救われた

でも この子たちを引き出したことで 助けられたはずの子を救えなくなった

人間の勝手で翻弄される動物たち




「運がいいとか 悪いとか 人は時々 口にするけど・・・」

無縁坂より


[PR]

by hana-enishi | 2013-04-16 10:01 | ひとりがたり


<< 天然      いちねん >>